スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ズキズキする痛みから解放されたい!「頭痛」の予防・対処法

2009-12-05

「頭痛」といえば、肩こりや目の疲れと並ぶ現代人の悩みのタネ。風邪を引いたわけでもないのに、一度痛くなり出すと1日何も出来なくなってしまうこともありますよね。今回は、そんな「頭痛」の対処や予防の方法についてご紹介します。
「頭痛にならないための予防・対処法 」の写真・リンク付きの記事

■頭痛にもたくさんの種類が!
一口に「頭痛」といっても、実はたくさんの種類があります。種類によって原因や対策が異なってくるので注意したいですね。
▽自分で頭痛を診断しよう
▽頭痛の基礎知識-SheSmile.net

中でも代表的なのがこちらの2つ、「片頭痛」と「緊張型頭痛」です。

片頭痛って?
▽片頭痛ってこんな頭痛-SheSmile.net
頭部の血管が広がり、炎症を起こすことで痛くなる「片頭痛」。原因は様々ですが、主にストレスやホルモンバランスの乱れ、アルコールなどがきっかけになると言われています。目のまわりやこめかみを中心に痛くなり、ズキズキ、ドキンドキンと脈を打つのに合わせて痛むこともあります。体を動かすと痛みが強くなるのも特徴です。また痛みのピーク時には吐き気を伴うこともあり、光や音が頭に響いたりもします。

緊張型頭痛って?
▽緊張型頭痛ってこんな頭痛-SheSmile.net
長時間同じ姿勢を取り続けたり、ストレスによって起こりやすくなる「緊張型頭痛」。頭の後ろからてっぺんにかけて、締め付けられるように痛むのが特徴です。首や肩のこりを伴うことが多く、日本人には最も多いタイプの頭痛で、連日ダラダラと痛みが続いてしまいます。


■頭痛を予防するには?頭痛が起こってしまったら?
ではそれぞれの頭痛にはどんな対策を取ればいいのでしょうか?

まずは自分の頭痛がどのタイプか見分けよう!
代表的な「片頭痛」と「緊張型頭痛」ですが、実はぞれぞれ対処法が異なります。肩こりがある場合は「緊張型頭痛」と思われがちですが、肩こりは片頭痛の際にも見られる症状です。では、まぎらわしいこれらの頭痛を見分けるにはどうしたらいいのでしょうか?

▽最近の頭痛治療について、専門の先生に聞いてきました-SheSmile.net
こちらのエントリーでは、2つの頭痛を見分ける方法として、以下のような「片頭痛の特徴」を紹介しています。

こんな症状があれば「片頭痛」

動くとガンガン響いてつらい
吐き気がする、吐いてしまう
光、音、匂いに過敏になる


これらは国際頭痛学会による「片頭痛診断基準」でも取り上げられている片頭痛の特徴的な症状で、これらの特徴がある場合は「片頭痛」と判断できます。

▽あなたの頭痛は片頭痛? 国際頭痛学会の診断基準による片頭痛チェック -SheSmile.net
またこちらは質問項目にYESかNOで答えると、自分の頭痛タイプをチェックできるシートです。お医者さんに行く前に、まずは自分でもチェックしてみましょう。

片頭痛は「冷やして」治す
▽頭痛ってなおるの? 頭痛の治療法
片頭痛の場合は、痛い部分は「冷やす」のがポイント。また普段からの規則正しい生活が重要です。


対策

消炎鎮痛剤やトリプタンといった薬は、できるだけ痛みが軽いうちに飲みます。
こめかみなど痛む部分を冷し、安静にします。





予防

片頭痛の起こる頻度が1週間に1回以上の場合は、予防薬を服用します。
規則正しい生活を心がけ、アルコールはほどほどにします。
睡眠不足はもちろん、寝過ぎにも注意します。
コーヒーや緑茶など、血管を収縮させる作用があるものを摂ります。





緊張型頭痛は「温めて」治す
▽頭痛ってなおるの? 頭痛の治療法
緊張型頭痛の場合は、痛い部分を「温める」のがポイントです。筋肉の緊張を和らげる体操なども効果があります。


対策

筋肉をほぐしたり、リラックスできる方法を実践します。
後頭部や目など、痛む部分を温めます。
痛みがひどい場合は、安定剤や鎮痛剤を服用します。





予防

ストレスをためやすい生活習慣を見直します。
普段から体操や気分転換を心がけます。
目の疲れや高さの合わない枕なども原因になることがあるので注意します。





緊張型頭痛の予防には、疲れ目の解消や自分にあった枕選びもポイントになります。はてなブックマークニュースでは以前こんな記事もご紹介していますので、合わせて参考にしてみて下さい。
▽「目が疲れた」と感じたら! 今すぐできる“疲れ目解消法” - はてなブックマークニュース
▽今日からグッスリ、肩こりにも効く!自分にぴったりの枕を選ぼう - はてなブックマークニュース


種類が違うと、対処方法が真逆になることもある「頭痛」。まずは自分の頭痛がどのタイプかチェックしたいですね。(チェックシートなどはあくまでも「目安」なので、痛みがひどい場合はお医者さんに診断を受けましょう。)



Title Photo by milgrammer


関連エントリー

頭痛になったときの対処いろいろ : a++ My RSS 管理人ブログ
頭痛大学
頭痛専科
頭が痛い!ときの解消法|病院・薬・サプリメントの情報満載! healthクリック
頭痛オンライン
スポンサーサイト

トラックバック

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。